ページ内移動用のメニューです。


トップページの中の大鵬薬品についての中のコンプライアンスの中の企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針

企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針

大鵬薬品工業株式会社
2011年10月1日策定
2015年 6月1日改訂

近年、医薬品は著しい進歩を遂げ、多くの病気から患者さんを救うために医療の現場で役立ってきました。製薬企業の使命は、新薬の継続的な研究開発と安定的な供給を通して人々の健康に貢献し、「患者さん中心の医療の実現」に寄与することです。この使命を果たし、患者さんの健康向上に貢献するためには、大学等の研究機関・医療機関と連携して、医学・薬学の基礎研究、臨床研究、製造後の情報提供・収集活動、安全対策、副作用救済などの様々な活動を行うことが不可欠なものとなっています。この産学連携活動の中には対価としての金銭の支払いが発生する活動もあり、製薬企業は薬事法をはじめとする法規制は当然のことながら、高い倫理基準に基づいた業界自主規制を整備しながら透明性を高めてまいりました。
しかしながら、産学連携活動が盛んになればなるほど、医療機関・医療関係者が特定の企業・製品に深く関与する場面が生じることもあり、医療機関・医療関係者の判断に何らかの影響を及ぼしているのではないかとの疑念を持たれる可能性も否定できません。製薬企業の活動の透明性を高めCOI(利益相反)の問題を解決していくことは、社会からの要請であります。また、IFPMA(国際製薬団体連合会)加盟国においては、透明性・情報公開の規定を既に課している国もあります。
大鵬薬品工業株式会社(以下、当社)は、医療機関並びに医療関係者の皆様のご協力を頂き、企業活動と医療機関等の関係の透明性を高め、社会からの高い信頼を得られる企業となることをここに表明いたします。

1. 目的

本指針の目的は、当社の活動における医療機関等との透明性を確保することにより、製薬産業が、医学・薬学をはじめとするライフサイエンスの発展に寄与していること、および企業活動は高い倫理性を担保した上で行われることについて広く理解を得ることです。

2. 姿勢

当社が行うあらゆる活動は、日本製薬工業協会(以下、製薬協)で定める「製薬協企業行動憲章」、「製薬協コンプライアンス・プログラム・ガイドライン」、「医療用医薬品プロモーションコード」をはじめとする関係諸規範およびその精神に従い、医療機関等との関係の透明性を確保することを表明します。

3. 公開時期・公開方法

当社ウェブサイトを通じ、前年度分の資金提供について、決算終了後に公開します。

公開情報の利用にあたってのお願い

上の指針に従い、医療機関・医療関係者等に関する資金提供等の情報を公開します。ご覧頂くためには、以下のすべての利用条件に同意して頂く必要があります。

  • 1.次の行為を行わないで下さい。違反行為が認められた場合、当社は情報提供の制限その他の措置をとることがありますのでご了承下さい。
    • 情報の変更、加工、複製、転載、外部送信等。
    • 情報の営利目的での利用。
    • 医療機関・医療関係者または弊社の信用・名誉を毀損もしくはプライバシー等の権利を侵害行為またはそのおそれのある行為。
    • 医療機関・医療関係者または弊社に不利益・損害を与える行為またはそのおそれのある行為。
    • 犯罪行為もしくは犯罪に結び付く行為、またはそのおそれのある行為。
    • その他、法令もしくは条例に違反する行為、またはそのおそれのある行為。
    • その他、当社が不適切と判断する行為。
  • 2.情報等の利用者に発生する直接または間接の損失、損害等について、一切責任を負いません。
  • 3.提供している情報は、掲載後に変更が生じる事がありますので、あらかじめご了承下さい。

個人情報を入力頂く場合、その情報はお申込者の確認と閲覧システム利用の案内のために使用します。業務委託先以外の第三者に開示、提出することはありません。当社の個人情報保護の取り組みや問合せについては、以下のサイトにてご確認下さい。
個人情報保護の取り組みについて

同意する   同意しない


ページ上部へ