ページ内移動用のメニューです。


トップページの中の大鵬薬品についての中のグローバル展開

グローバル展開

世界の患者さんの期待に応える、
真のグローバル・スペシャリティファーマへ

大鵬薬品は、日本の経口抗がん剤のパイオニアとして、これまで国内随一ともいえるエビデンスを創出し、より良い治療法の確立に貢献しています。2000年代の初頭からは、グローバルな研究・開発を進め、米国における自社販売体制の実現やその他地域における販売網の拡大など、世界の患者さんの笑顔のために、会社全体としてのさらなるグローバル化を積極的に推進しています。

※画像をクリックすると拡大して表示します。

クリックすると拡大します クリックすると拡大します クリックすると拡大します クリックすると拡大します クリックすると拡大します

2016年、新たなグローバルリーダー育成プログラムを開始予定

大鵬グループの企業理念に共鳴し、リスクを恐れず果敢にチャレンジする、新たな価値の創造的役割を果たすリーダーを持続的に生み出すことを目的とした企業内大学「GLOBAL ONE ACADEMY」を本年7月に開校予定です。

大鵬ブランドの展開

大鵬薬品としてのプレゼンスを日本から世界に拡大し、グローバル市場におけるオンコロジー・カンパニーとしての認知度を高める目的でTAIHO ONCOLOGYブランドを創設しました。
海外学会などにおいてTAIHO ONCOLOGYのブランドメッセージを発信し、将来を見据えた世界中の医療従事者、研究者と連携を図るオープンイノベーションを推進。
世界のがん患者さんのために、より早く、より確実に世界標準となるがん治療薬の創製に励んでいます。


ページ上部へ