ページ内移動用のメニューです。


トップページの中の大鵬薬品についての中の大鵬薬品の歩みの中のClose-up 抗がん剤開発

Close-up 抗がん剤開発

世界のがん治療に貢献する抗がん剤開発チャレンジの系譜

独創的な新薬開発へと導いた直感力と困難に立ち向かいながらも前進し続けたチャレンジ精神

1969年、初代社長の小林幸雄が、当時急激に需要が増え始めた不定愁訴改善薬「パントクリン注」の商談で旧ソ連を訪れた時、寸暇を惜しんで製薬関連の視察を行いました。そして、モスクワのがん研究所で抗がん剤の新薬5-フルオロウラシル(5-FU)の誘導体「フトラフール」注射剤のアンプルをたまたま目にした小林は直感で大きな可能性を感じ、その場で日本国内での臨床試験を決意しました。帰国後すぐに研究所内に「制がん班」を設け研究を開始。基礎研究において効果を確認した後、臨床試験へと移りました。しかし、第一回臨床成績報告会では携わった学者達から効果に対する否定的な報告が相次ぐなど満足のいく研究結果が得られませんでした。ただ、唯一乳がん患者に対する有効例の発表があり、その有効例に一縷るの望みを託しました。そうした中、「フトラフール」は低濃度で長時間がん細胞と接触させることで効果が出るという研究結果が報告され、基礎研究は一気に加速。その結果、「フトラフール」は肝臓で分解されて活性化することで 5-FUへ変化すること、低濃度でも長時間がん細胞と接触することで十分な抗がん作用を発揮することが解明され、当時世界的にも実用化されていない経口抗がん剤の開発へと大きく舵を切りました。そのとき、1972年4月、直感から切り拓いた可能性は現実へと確実に動き出しました。

小さな可能性の芽を結実させがん治療の概念を変える

「フトラフール」は生体内で徐々に5-FUに代謝され薬効を示す、いわゆる5-FUのプロドラッグで、当時国内で注目された代謝拮抗剤です。代謝拮抗剤とは、がん細胞のなかに"偽のパーツ"を紛れ込ませて細胞分裂をできなくするもので、この"偽のパーツ"のひとつである 5-FUという物質を利用した薬剤が「フトラフール」です。大鵬薬品では、「フトラフール」の長時間がん細胞に接触し効果を発揮するという特徴に着目し、当時世界的には汎用されていなかった経口投与できる抗がん剤として1974年に国内での販売を開始。「フトラフール」は、従来の抗がん剤とは異なる"副作用が少なく長期投与ができる"という特徴により、"術後補助化学療法"という新しい治療法の概念を誕生させました。また、それまでの抗がん剤は点滴による治療があたりまえでしたが、経口での投与が可能になったことで外来治療が可能になりました。

1974年

がん治療を一変させた経口投与可能な
「フトラフールカプセル200mg」と
「フトラフール注400mg」発売

写真は発売当時のもの

 

フトラフール注400mg発売 パンフレット

飽くなきチャレンジを続け、世界が認める抗がん剤へと昇華させる

それから10年後、「フトラフール」に"ウラシル"を配合することにより、5-FUの濃度をさらに長時間持続させることに成功。
副作用も軽減できるように開発されたのが、1984年に発売した「ユーエフティ」です。「ユーエフティ」は様々な癌腫を対象として臨床試験が実施され、主に術後補助化学療法として数多くのエビデンスを創出してきました。臨床で得られたこれらのエビデンスを基に、「ユーエフティ」は現在でも抗がん剤の主要な選択薬として使用される製品となっています。この「ユーエフティ」の成功体験から、さらに高い効力をもち、より副作用の少ない新薬の研究が進められました。そして、"ウラシル"よりも 5-FUの濃度をより長時間持続させる"ギメラシル"と、消化管などへのダメージを抑える"オテラシルカリウム"を発見、「フトラフール」を主薬に、この2種類の新規化合物を配合した「ティーエスワン」が生まれました。「ティーエスワン」は胃がん患者を対象とした臨床試験において、46.5%という高い奏効率を示したことから、厚生労働省の優先審査品目として1999年に承認・発売されました。さらに、当時世界的な標準療法として認められていた注射剤の5-フルオロウラシル及びレボホリナートの併用療法(5-FU/LV)と、「ユーエフティ」及び経口の還元型葉酸製剤である「ユーゼル錠」の併用療法との比較試験で同等の効果が認められ、また日米でブリッジング試験を実施して、2003年9月に「ユーゼル錠」の発売に至りました。

1984年

「フトラフール」より強い効果と持続力を求めた
「ユーエフティ配合カプセルT100」発売

写真は発売当時のもの

1999年

5-FUの高い効果と副作用の軽減を実現させた
「ティーエスワン配合カプセルT20・T25」発売

写真は発売当時のもの

薬を大切に育てる姿勢が新たな可能性を創り出す

「ユーエフティ」については、2004年に肺がんにおける術後補助化学療法としてのデータが世界的に権威ある医学雑誌 New England Journal of Medicine(NEJM)に掲載されました。また、その他にも胃がん・大腸がん・乳がんなどにおける術後補助化学療法のデータが次々と公表されています。「ユーエフティ」同様、「ティーエスワン」も様々な癌腫においてその有効性が示され、NEJMをはじめとする世界の医学雑誌で紹介されています。「ティーエスワン」は胃がんを中心として、大腸がん・肺がん・膵がんなどにおいてエビデンスが構築されており、各種ガイドラインにも掲載され、がん治療に貢献しています。「ティーエスワン」については、今なお多くの医療・研究機関により、優れた臨床成績が数々の医学誌で報告されるなど、がん治療の進化とともにその可能性は拡がっています。

2003年

「ユーエフティ」の効果を増強する目的で
「ユーゼル錠25mg」を発売。2008年には、より服用
しやすいよう錠剤を約半分の重量に小型化した

写真は小型化変更品

2009年

速やかに溶け服用しやすいスティックタイプの
顆粒剤「ティーエスワン配合顆粒T20・T25」発売
 

がん治療の今を支え、そして未来を切り拓く

近年では患者さんの視点に立ち、がんのトータルケアを目指した研究開発も行っています。嚥下困難ながん患者さんのために、速やかに溶けて服用しやすい「ティーエスワン配合顆粒」、がん化学療法に伴う悪心・嘔吐を抑制する「アロキシ」やがんの痛み(突出痛)に対する治療薬「イーフェン」の発売など、治療を行う患者さんの QOL の向上にも貢献できるよう努めています。
2009年に旧万有製薬のつくば研究所を買収して、社内の創薬機能をつくばエリアに集約。最先端の技術を駆使した新しいタイプの抗がん剤の開発に積極的に取り組んでいます。
また、海外からは世界50ヵ国以上で承認※1されている抗がん剤「アブラキサン」を導入。国内で開発を進め、2010年に乳がんの治療薬として発売し、その後、胃がん、非小細胞肺がんおよび治癒切除不能な膵がんの効能追加の承認を取得しています。

2010年

がん化学療法に伴う悪心・嘔吐を抑制する
「アロキシ静注0.75mg」発売

2010年

世界50ヵ国以上で承認※1されている抗がん剤
「アブラキサン点滴静注用100mg」発売

2013年

抗がん剤の口腔内崩壊錠
「ティーエスワン配合OD錠T20・T25」発売

2013年

がんの痛み(突出痛)に対する治療薬
「イーフェンバッカル錠」発売

2014年

進行・再発の結腸・直腸がん治療薬である経口抗がん剤
「ロンサーフ配合錠T15・T20」発売

2015年

悪性軟部腫瘍の治療薬
「ヨンデリス点滴静注用0.25mg・1mg」発売

日本発の新薬を世界の患者さんのために

日本国内における胃がんの標準治療薬となった「ティーエスワン」は、アジアでは8カ国・地域※2で販売しており、欧州においても2011年に承認取得後、19カ国※2で販売しています。新規抗悪性腫瘍剤「ロンサーフ」は、進行・再発の結腸・直腸がんの治療薬として2014年5月に世界に先駆けて国内で発売。さらに2015年10月には、米国においても販売を開始しました。本剤は、大鵬が米国で初めて承認を取得した製品です。また欧州においても、2016年4月に承認を取得しています。大鵬薬品は、抗がん剤開発40余年の歴史の中で国内随一ともいえるがん化学療法のエビデンスを確立してきました。その豊富な経験を力に変え、日本をはじめ世界のがん患者さんに貢献したいと願っています。

※1 2015年12月現在。大鵬薬品は、日本における開発販売の権利を有しています

※2 2016年3月現在


ページ上部へ