ニュースリリース

2021年12月21日
大鵬薬品工業株式会社

がん領域の課題に挑戦する3件のプロジェクトを応援
「第一回 大鵬スマイルサポート」

大鵬薬品工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之、以下「大鵬薬品」)は、がん領域の社会課題解決に取り組む団体・個人を応援する「第一回 大鵬スマイルサポート」に申請いただいたプロジェクトの中から、厳正なる審査の結果、3件のプロジェクトを採択しました。

プロジェクト一覧

プロジェクト名
団体名
Play with Us!~こどもホスピスに、10代のがんの子たちが本気で楽しめる日本初のゲーミングルームを作りたい!~ 公益社団法人
こどものホスピスプロジェクト

今、絵本「やさしさの木の下で-ぼくとびょうきとファミリーハウス」をもう一度皆さまに読んでいただきたい! 認定特定非営利活動法人
ファミリーハウス
横浜こどもホスピス
~うみとそらのおうち:みどりでつながるプロジェクト~
認定特定非営利活動法人
横浜こどもホスピスプロジェクト

各プロジェクトは順次、クラウドファンディングを開始します。

大鵬薬品は、この活動を通じてがん領域の課題に取り組む団体・個人の夢を応援し、がん患者さんとご家族の大切な「いつも」が「いつまでも」続く世界を、団体・個人、そしてクラウドファンディングを支援する皆さまとのパートナーシップのもと目指します。

【第一回 大鵬スマイルサポート】

がん領域において存在する、薬だけでは解決できないさまざまな社会課題を解決しようとする団体・個人を応援する取り組みです。大鵬薬品は、クラウドファンディングを活用して社会課題の解決に取り組む予定の団体・個人を募集しました。採択された団体・個人は、クラウドファンディングを実行し、クラウドファンディングの目標金額※1が達成されれば、大鵬薬品からも目標金額と同額のマッチングギフト※2を得ることができます。

※1:原則、プロジェクトを達成するために必要な全資金の50%をクラウドファンディングの目標額(手数料は含まない)とし、大鵬薬品が支援する金額は残りの50%です。支援の有無はクラウドファンディングの成否により決定されます。
※2:会社が一定額を上乗せして寄付する制度

●マッチングギフト支援:2022年6月上旬
●プロジェクト実施期間:2022年6月~2023年5月


ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。